So-net無料ブログ作成

重松清 きよしこ [●本(小説)]

きよしこ

きよしこ

  • 作者: 重松 清
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 文庫
 
重松氏の本が文庫化されていたので読んでみました。
吃音の少年が大きくなっていくまでの様子を淡々と描いている。特にドラマがあったり、事件が起きたりするわけじゃないのだが何か心を揺さぶるところがある。
 
淡々描いているのだが、少年が青年に成長していく段階を実にリアルにこんなことあるなぁと思わせるように描いている。いろいろなタイプの小説を書くなぁといつも感心させられる。
 
 
★★★★☆ 星4つです。

nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(3) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 5

はじめまして.
私も最近この本読みました.
吃音の少年の心理描写が良いですよね.
by (2005-09-18 22:04) 

まろがぁ

>ごんすけさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
子供の心理描写をどうやって書いているのかきになるんですよね。
しゅざいしているのかしらとおもったりします。
by まろがぁ (2005-09-19 00:14) 

mina

[らぶっ][らぶっ][らぶっ][らぶっ]
by mina (2007-08-01 13:42) 

mina

ごめンなさぃ、さっっきの初でしくりました[わーん][わーん][どくろ]ぁたしも重松サン因好きですょ[にこっ][はーと]この前も読書感想文の課題わ「きよしこ」にしました[きょと][ぴかっ]
by mina (2007-08-01 13:48) 

まろがぁ

>mina さん
コメントありがとうございます。
読書感想文で重松作品とは渋いですね。
どんな感じになるのかしらん。
by まろがぁ (2007-08-02 23:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。