So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

美しき野獣 [┣映画(韓国映画)]

美しき野獣

美しき野獣

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2006/07/28
  • メディア: DVD

製作年 : 2005年 韓国
配給 : 東芝エンタテインメント
公開日: 2006年2月11日
今が旬の韓流二大スター、クォン・サンウとユ・ジテが競演!愛と正義を貫く、男たちの熱いドラマ

何気にグォンサンウの映画は欠かさず見ているので見てきました。決してファンなわけではありません。今年は23本目になります。

ユジテの映画も最近見続けてます。オールドボーイで濃い役をやってから何かと見る映画でよく見かけます。南極日誌、女は男の未来だなどではちょっと優しそうな役がまたはまっています。今回の映画では、どちらかというとオールドボーイのような感じ。頭がよくて神経質っぽい感じです。

内容的によくある悪役を懲らしめるものかと思いきや、正論をぶつけていっても懲らしめることができない悲哀を感じます。最後のくだりはありっていばありだけどなんか気分が悪いですね。つかまっても追い詰めていくのかと思っていたのですが、二人ともある意味短絡的な処置を施すのはどうかなと。

どうしようもなくなり、いかんともしがたい環境を打破するのにはあの手しかなかったとは思うんだけど、やるせない気持ちになりますね。見終わった後の後味がよくありません。そこまでの展開はよかったと思いますけど。

ま、周りの韓流ブームに乗っているおば様たちは血が出るアクションとかをみるとキャーとか、エーとかはっきり言ってうるさいです。あなたたちの感想は聞いてません。しかも、最後にはないちゃうし。ないちゃうような内容だったかなぁ。明らかにアイドルが劇中死んでしまうのにないている追っかけのような印象です。内容を見てじゃないんだもん。別の映画館で見てほしいなぁ。。。

イビョンホンの映画よりもグォンサンウの映画のほうがあたっている感じがします。

★★★★☆ 星4つです。


あらすじ:ソウル地方警察の凶悪犯罪捜査班、チャン・ドヨン刑事は、男気あふれるまっすぐな性格。犯人逮捕のためには手段を選ばず、力づくで解決しようとする過激な人物だが、家族には不器用ながらも深い愛情を傾けている。一方、完璧なエリート検事として犯罪者からも恐れられている、ソウル中央地検の検事オ・ジヌ。捜査方法も性格もまるで正反対の2人は、それぞれの事件を追ううちにソウルで出会う。しかし2つの事件は交差し、予測もつかない方向へ大きく動き出していく・・・。

監督:キム・ソンス

出演:クォン・サンウ
    ユ・ジテ
    オム・ジウォン



nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 3

metal

「春の日は過ぎ行く」を見てからユ・ジテガお気に入りです。
純情な男の役を旨く演じてました。この映画ではまた違った男を見せてくれました。サンウは「天国の階段」を観た事がありますが、もっと色白で優しい感じだったので、驚きました。ガチンコアクションは迫力ありましたね。二人とも熱演してました。次回の二人の映画も楽しみです。
by metal (2006-02-19 21:54) 

まろがぁ

>metal さん
ずいぶんと昔からファンですね。天国の階段はグォンサンウよりも友近兄の顔が印象的で周囲での話題をさらっていました。今回のはアクションもしかり、踊る大捜査線っぽいテイストもよかったと思います。
by まろがぁ (2006-02-19 22:57) 

ayasolo

初めまして!ユ・ジテかなり好きです。
同性から見ても彼のかもしだす、人間臭さはたまりません。
by ayasolo (2009-12-10 12:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。